口臭の改善と原因

年齢を重ねると歯周病に注意

最近高齢者の口臭が話題になっています。
年齢を重ねると体の免疫機能が落ちるので、歯周病菌などによって口臭が出やすくなるみたいです。
歯周病と口臭の関係は深く、そのまま放っておくと歯槽膿漏になって歯が抜けたりする場合や深刻な病気に発展する場合もあるみたいです。
特に今の高齢者の方が幼いときには歯磨きの正しい方法なんてあまり知らないという人も多く、磨き残しが多いみたいですね。
しかも中には歯磨きをしなかったり、歯間ブラシで歯の間をキレイにするなんてことをしてないという人も多いそうです。

 

また、筋肉が弱ったり長年の歯磨き粉のクセで磨き残しに歯石や歯垢が貯まって口臭の原因になってる場合もあるみたいです。
それ以外にも高齢者の場合は体の内臓疾患などによっても口臭がでるみたいでいろいろな要素が絡まってひどい臭いが出てるというケースも多いそうです。
そういえば私の知り合いも祖母の口臭が年々ひどくなるといってました。
高齢になると歯磨きしなくても平気だとか、老い先短いからちょっと歯がいたいくらい気にしないという人も多いみたいです。
でもホント大変ですよね。
しかも自分自身に自覚がないので厄介みたいです。
介護施設で働く友人も口臭がひどくて介護したくないという人もいました。口臭のニオイってホントにひどい人はひどいんですよね。
数メートル離れても臭うくらい口臭というのは気になるみたいです。

 

参照 http://xn--o9j118hmlat47ebpltxr.com/